田中ブログ

さいたまに住んでいるアラサーの男です。仕事はSESでプログラムを書いてることが多いです。聖地巡礼、日々の生活、たまに技術的なことを書いていこうと思います。

大洗キャンプ場

今回は、大洗キャンプ場へ行ってきました。

大洗はガルパンの聖地としても有名ですね。大洗キャンプ場の中にもモデルになった場所があるとのこと。(ばたばたして確認せずでした。。。)

 

今回は気ままに車で大洗へ。さすがに遠かったですね。

大洗町に入り道を走っていると大洗キャンプ場の看板が見えたのでそこへ。中に入ると駐車場が何か所かあるので、とりあえず空いてそうなところに止めました。このとき、駐車スペースに板が刺さっている箇所があったのですが、これは他の利用者の駐車スペースということなのでした。刺さってない場所に駐車するのが正解ですね。

15時くらいに到着したのですが(遅い)、すでにお客さんがいっぱいいて良さそうな場所は埋まってしまっている感じでした。

▼入り口から受付までの道

f:id:tanaka653:20180924213643j:plain

そして、受付へ。今回は駐車場+入場料がかかりました。駐車場代は普通車で1,500円、入場料は大人で1,300円でした。いろいろ説明を聞いたあと、駐車スペースに刺す板が渡されるのでそれを車の前に刺して、いざサイトへ。

良さげな場所はだいたい埋まっている感じだったので、適当な場所に設営。これも次回への課題だなー。

f:id:tanaka653:20180924214140j:plain

ちなみに買い出しポイントはちょっと探しただけでも以下が見つかったのでいろいろ選択肢がありそう。

  • SEIBU(キャンプ場横。22時まで営業していて便利。100均もある。)
  • 商店街
  • まいわい市場
  • 海・山直売センター

商店街に行ってみたのですが、イベント開催日などではなかったので少し寂しい感じでしたね。干物やお酒は売っていたのでそれらは購入しました。

んでテントに戻り晩御飯&就寝。

朝は早く目が覚めたのでキャンプ場から大洗ホテルの浜辺まで散歩。途中、犬をたくさん飼ってそうな家がありなんか怖い。。(^ ^;)

f:id:tanaka653:20180924214602j:plain

f:id:tanaka653:20180924214619j:plain

良い景色でした。 

そしてキャンプ場に戻り、朝ごはんを食べて撤収。

 

設備の感想

水場・炊事場・・・見かけたところでも2か所、洗剤やスポンジも置いてあり普通に良かったかと。あと、トイレの脇に洗面用?の水場があるのも良かったです。

トイレ・・・1か所だと聞いてお客さんの人数の割に少ないのでは?と思いましたが大丈夫でした。綺麗な感じ。

ゴミ捨て場・・・ありました。分別してゴミ捨て場へ。

 

タイミング的にも混雑するタイミングだったのか、予想より人が多いなあと思ったり。次行くなら人があまりいないときに行きたいな。

あしがくぼキャンプ

今回はあしがくぼキャンプ場に行ってきました。

あしがくぼキャンプ場

西武秩父線芦ヶ久保駅から数百メートルのあたりにキャンプ場があります。

ちなみに芦ヶ久保駅のすぐ近くに道の駅があり、そこの直売所で野菜なども販売しています。野菜は結構な量なのに、自宅付近のスーパーの半額くらいの値段で販売されており非常にお得感があります。ここでは、うどん、紅茶ソフトクリームやたらしやきなども販売しているのでそらをを食べるのも良さそうです。

※直売所は18時まで営業しているようですが、食堂やソフトクリームの販売はもっと早く終了します。

 

道の駅で軽く買い物をしてからキャンプ場へ向かいます。

入ってすぐのところに受付があるのでそこで受付をします。通常、予約していく人が多そうな雰囲気でした!サイトは、川沿いと山のサイトが選べます。

今回は、川沿いでのデイキャンプを選択したのですが、ここのキャンプ場のデイキャンプのメニューではバンガローと屋根付のバーベキュースペースを利用することができます。かなりのお得感があり、しかも料金は6名まで3,000円という安さでした!

バンガローには冷蔵庫もついてました!

▼川沿いのサイトの道。バンガローがあります。

f:id:tanaka653:20180909164405j:plain

▼側を横瀬川が流れています。水はとてもきれい。癒されます。

f:id:tanaka653:20180909164512j:plain

山サイトへは舗装された道で車で上がって行けたり、遊歩道的なルートで上がっていくこともできます。後者の方が自然感が増していい感じです。

▼遊歩道ルートの沢の水もめっちゃきれいです。

f:id:tanaka653:20180909164541j:plain

▼トンネル+電車の組み合わせも見ることができます。

f:id:tanaka653:20180909164618j:plain

 

今回は川の側でキャンプでしたが、山サイトに行ってみて今度は山サイトに泊まってみたいなと思いました!

 

 設備の感想

水場・炊事場・・・大き目の炊事場がある他、川沿いだとバンガロー側にも水道がありそこで洗い物もできて良い感じです。洗剤やスポンジも置いてあります。

トイレ・・・ばっちり

ゴミ捨て場・・・分別すればゴミを処分してくれるということなので、分別してゴミ捨て場に捨てることができます

 

ここのキャンプ場、個人的には非常によかったです!

五色沼散策

今回は、帰省ついでに福島県裏磐梯の檜原湖と五色沼に行ってきました。

この湖や沼の名前はよく聞いていたのですが、実家住まいのころは自然への興味が薄く行った記憶がないという。。。この周辺にはキャンプ場も多くあるようで、ちょっと下見にでも行ってみたいなということで言ってみました。

庄助キャンプ場とかいろいろあるようです。

 

今回は、帰省していたので車で行きました。とりあえず簡単そうなルートを選び、121号線を喜多方まで行き、459号線を進んでいくというルートにしました。やっぱりドライブするのは埼玉よりは福島県の方が気持ちいなあと思いましたね。会津若松からは40分くらいで着いたかな?

 

この日は、市街地も朝は雨が降っていたり曇ったりで山を登っていくにつれ、霧が濃くなっていき中々怖い。ビビりつつも道の駅裏磐梯に到着し、一旦休憩。

▼道の駅裏磐梯の駐車場。霧がやばいです。

f:id:tanaka653:20180903224206j:plain

 

休んだ後は、再度459号線の方に進みました。道中、左手の方に檜原湖が見える区間がありました。運転していたので写真は撮れなかったですがとてもビッグで檜原湖について!って感じでした。

 

道を更に進んでいくと、遊覧船乗り場やらの建物やお土産屋があるような建物を発見。すかさず、駐車場に車を止め散策してみました。そこが檜原湖でした!

 ▼檜原湖の石碑が。

f:id:tanaka653:20180903224344j:plain

 ▼遊覧船が停まっていました。あいにくの曇り空。

f:id:tanaka653:20180903224434j:plain

 

檜原湖をちらっと見た後にキャンプ場の方に行こうと思ったのですが、五色沼がすごく近いみたいでそっちを見てみたい誘惑に負けてしまい五色沼に向かいました。遊覧船乗り場などの近くに裏磐梯物産館あり、その裏手に五色沼の散策路への道があるので、そこから行きました。

 

五色沼という名前なので5つの湖があるのかなと思ったら違うみたいですね。公式のページを見ると様々な色彩があるから五色沼とのことです。確かに地図を見ても5つよりもありますしねえ。

 

まずは柳沼。木がいい感じ。

f:id:tanaka653:20180903224940j:plain

散策路を進みます。

f:id:tanaka653:20180903225048j:plain

そして、青沼。水草?が多いなという印象。

f:id:tanaka653:20180903225146j:plain

道中にあった地図があるのですが、一番大きな毘沙門沼はかなり遠そうなので今回は断念。弁天沼までを目標としました。

▼道中には水が赤く見える水路も。

f:id:tanaka653:20180903225243j:plain

 ▼弁天沼。ちょっとした展望台?があります。

f:id:tanaka653:20180903225347j:plain

最後に混んでいて一旦回避したるり沼。天気も少し回復していたのもあり、ここが一番きれいに見えました!不思議な色だなあ。

f:id:tanaka653:20180903225423j:plain

 

f:id:tanaka653:20180903231935j:plain

さて、今回は曇りでちょっといまいちだったのですが、観光協会の写真を見ると本当きれいですね。こんな天気がいい日に見に行ってみたい。

www.urabandai-inf.com

以上です。

 

 

 

排尿恐怖症と闘う

夏は気軽に外に出る気にもなれず、ブログのねたが中々できないので排尿恐怖症について書いてみます。きれいな話ではないですね。

排尿恐怖症

正しい名前がわからないのですが、排尿困難だったり排尿障害っていう名前だったりするのでしょうか。症状的には、尿意があるのに排尿できないというもの。精神的な部分から来る感じで、排尿しようと思えば思うほど尿がでません。基本的に近くに人がいるとダメで、公衆トイレの小便器といったシチュエーションで用を足すことが中々できないです。

発端

この症状が出たのは中学生のころだった気がします。まあ、学校生活がうまくいってなかったのでその辺りが原因だったんだろうと思います。

基本的な対策

ググっても見かける以下のような手段が基本的な対策ですね。

  • 人気がないトイレを探して利用する
  • 個室のトイレを利用する

個室を利用すればだいたいなんとかなります。社会人になれば個室も使いやすいので日常生活を送ることはできています。

個人的にやっかいなのが健康診断の尿検査で、これを問題なくやりすごせた率は半々くらい。採尿する場所が待合室がすぐ横だったり、提出場所がすぐ横にあるとどうも緊張してうまくいきません。これは解消したい問題ではあります。。。

最近起きた問題

さて、記事にしようと思ったきっかけなのですが、最近自宅で尿がで出ないことがありました。シチュエーションはあまり慣れていない人が自宅いるという状況。

今まで、このような状況で尿が出ないということはなかったので、なんとか克服したいと思いました。

チャレンジしていること

どこかのブログで、問題となったシチュエーションを頭でイメージすることで実際と近い状況になる、みたいな記事を見つけたので試してみました。すると、確かに出にくい感じ。。。これは試してみる価値はありそうなので、意識してトレーニングしていこうと思いました。

 

改善できたらブログを更新しよう。

デイキャンプ 奥多摩 氷川キャンプ場

今回は、奥多摩氷川キャンプ場に行ってきました。

奥多摩駅からちょっと歩くとキャンプ場があります。梅雨明けして、気温も30度を超えていており、まさにキャンプシーズンという感じでどんな雰囲気なのか非常に気になるところです。 

アクセス

新宿駅から、ホリデー快速おくたまに乗って行ってきました。途中の駅で車両が切り離されるので、奥多摩と別の方向に向かう行かないように乗る車両には注意が必要です。

ちなみに8時前の電車に乗って、座席はほぼほぼ埋まってる感じでした。

奥多摩駅

f:id:tanaka653:20180704221937j:plain

新宿駅から約1時間30分くらいで到着です。キャンプ場までは、駅を出て左手の方に進んで行きます。少し歩くとスーパーがある交差点にぶつかるので、橋が見える方向に進んでいく感じになります。(一応、キャンプ場への案内板みたいなのもありました)。道中の橋の下の河原でキャンプしている人もいましたが、あれはどこのキャンプ場なのだろうか、、、気になるところでした。

ちなみに道中のスーパーは個人経営のお店といった雰囲気で、肉やお菓子、お酒を含む飲み物など置いてありました。ただ、大きなスーパーのようにいろいろな食材が置いてある印象ではなかったですね。ザ・キャンプっていう食材以外は持っていけばよかったなと思いました。

氷川キャンプ場

入り口の下り坂を下っていくと受付があるのでそこで受付します。デイキャンプはフリーサイトで一人600円という安さ。

f:id:tanaka653:20180704222138j:plain

受付の左手の方に坂があるので、そこを降りていくとサイトの河原に着きます。(そこそこ急でした。)

9時30分くらい到着しましたが、すでに結構人がいました。グループや家族が多いのかなと思ったのですが、ソロで来ている人も結構いましたね。

▼この写真は人がまばらですが、写真を撮った場所辺はすでに人がいっぱいでした

f:id:tanaka653:20180704222330j:plain

川めっちゃ気持ちよさそう。

f:id:tanaka653:20180704222406j:plain

河原の上の方に設営している人が多かったのですが、地面的に設営しやすいし午後を回ると日陰ができてきて過ごしやすいといった感じなんでしょうね。

 

以下、個人的な感想

水場・・・フリーサイト付近にあり洗剤はないけどスポンジとかは置いてました。いい感じ。

トイレ・・・ばっちり

ゴミ捨て場・・・受付付近にありました。灰は、サイトの方の地面にまいて上から石をかぶせればOKとのことでそのように対応しました。

 

川があるのは雰囲気的にも良かったです!釣った魚を焼いている人もいてちょっと憧れたりしました。笑

秋くらいに人が少ない時期にまったりリベンジしようかな。。。

平成30年度の住民税の計算(さいたま市民、ふるさと納税を実施)

会社から住民税の変更通知書を受け取ったのでメモ。

スペック的には独身のさいたま市民です。

 

①所得を確認

これは、所得欄にある総所得金額を見る。

②所得控除を確認

保険に入っておらず、独身なのでここは社会保険料基礎控除がある感じ。

そして今回、メモした理由でもあるふるさと納税の寄付金控除が適用欄に書いてあります。ふるさと納税は30,000円行い、その結果として以下のようになっていました。

【寄付金税額控除】

・市民税 21,257円

・県民税 5,315円

確定申告時に千何円かが還付されたので計算的にあってそうですね。

課税標準

これに税率をかけたのが税金になる。②-①の金額。ちなみにふるさと納税の控除はここでは計算に含まれていない模様。

④市民税の計算(さいたま市

ここで多少はまったのですが、政令指定都市は市民税が8%になっています。(ちなみに県民税が2%となっている。)

以下のような感じで計算

a. 税額控除前所得割額 = ③ × 8%

b. 均等割り

c. 税額控除額 = ②ふるさと納税の市民税控除 + 2,000(調整額控除)

市民税 = a + b - c

⑤県民税の計算(さいたま市

上記の通り、県民税が2%となっています。

同じように以下のような感じで計算

a. 税額控除前所得割額 = ③ × 2%

b. 均等割り

c. 税額控除額 = ②ふるさと納税の県民税控除 + 5,00(調整額控除)

県民税 = a + b - c

 

そして、④と⑤の合計が住民税。計算した数字は納付額と合っていいたので満足。

にしても住民税重いなー。

 

 

suicaのオートチャージ設定をしてきました

先日、suicaオートチャージの設定を行ってきました。

自分はコンビニ、本屋、薬局などでsuica決済することが多く、月に2,3回5000円ずつチャージするという微妙な運用をしてました。ネットを見ていると、VIEWカードを利用してsuicaオートチャージすることでポイント的にお得だという記事を見かけたのでこの度設定してみました。

【目次】

今まで持ってたもの

券売機で売ってる普通のsuicaです。通勤ではこれに定期をつけて、suica定期券として利用していました。定期の購入もVIEWカードの方がお得とのことで、1カ月2万近くの定期代もいい感じにポイントが貯めれるようになりそうです。

今回は、VIEWカードではなくこちらのsuicaオートチャージを設定します。リンクと呼ぶみたいです。

今回追加したもの

オートチャージするに当たって、新しくVIEWカードを作りました。とりあえず、VIEWカードの中でもポイントが多めに貰えそうなビックカメラviewカードを選んだ感じです。ビックカメラの店頭にて申し込みを行い、約2週間でカードが届きました。

オートチャージ(リンク)設定へ

いよいよオートチャージ(リンク)の設定を行います。設定作業は、駅に置いてあるVIEW ALTTEで行います。持ち物は、上記のsuicaviewカードだけです。

手順は詳細にメモできなかったのですが、特に事前知識なしでもめちゃくちゃ簡単に設定できました。すごいざっくり書くと

  1. オートチャージの対象にしたいsuicaを挿入
  2. viewカードを挿入
  3. viewカードの暗証番号入力
  4. 確認ボタン的なのを何度か押す
  5. チャージの金額、条件を入力
  6. 完了

って感じでした。

今気づいたのですが、ビックカメラsuicaカードに同封されていたご利用ガイドにオートチャージ設定について詳しく書いてあるのでそちらを事前に見た方が安心ですね。

設定後

suicaの残高が条件未満だったので、改札でタッチしたときに残高が表示されるところにオートチャージした旨が表示されていました。残高が増えていたので有効になった模様です。

ポイントでsuicaペンギングッズも

viewカードのポイントはいろいろ使えますが、suicaペンギングッズもあるみたいなので、自分はそれをゲットしたいなと思ってます。

感想

いざやってみると、設定はすごく簡単でした。これからはチャージしたときもポイントがつき、定期を買う時も今までより高いポイント還元率ということで今後どれくらいポイントが溜まっていくか非常に楽しみです!