田中ブログ

さいたまに住んでいるアラサーの男です。仕事はSESでプログラムを書いてることが多いです。聖地巡礼、日々の生活、たまに技術的なことを書いていこうと思います。

大和証券の口座への入金までの道のり

今日はとある会社のIPOの抽選申し込みの締め切りで、大和証券で申し込みをしようとしたのですが朝から手こずりました。忘れないように記事に書いとこうと思います。

今回、自分は三菱東京UFJ銀行を利用しました。結論からいうと以下の作業が必要。

  1. 三菱東京UFJダイレクトの申し込み ※これは事前にやっていた。
  2. 三菱東京UFJワンタイムパスワードの登録 ※やってなかった。
  3. 三菱東京UFJの限度額の変更 ※やってなかった。
  4. 大和証券からの入金手続き ※時間注意

 

朝起きて

大和証券のアカウントに初めてログインしたのが休日だったのですが、営業日でなかったので初回の認証?が完了していないせいか、いろいろな機能が使えませんでした。なので、朝起きてから初めて入金に挑むという感じでした。

で、とりあえずいきなり大和証券からの入金手続きをしてみました。そしたら、普通にエラーになりました。メッセージ的には振替の金額が限度額を超えているという旨のメッセージでした。この限度額というのは、三菱東京UFJでインターネットバンキングにログインしてそこから変更できるとのこと。

 

三菱東京UFJでインターネットバンキングへログイン

ということなので、インターネットバンキングにログインします。そして、限度額のページに行ってみると、振替の欄にはぱっと見で限度額が指定されているように見える。。。で、また調べたら今回の証券口座への振替はネット決済サービス用の限度額が適用されとのこと。で、限度額のページを改めて見てみると空欄の項目を発見!ですが、数字が入力できない!入力するためには、ワンタイムパスワードの登録が必要みたいです。

 

ワンタイムパスワード用アプリのインストール

たらいまわし的な感じで嫌気がさしてきましたが、ワンタイムパスワード用アプリのQRコードを見つけたので、それを読み込みインストール&アプリを起動してワンタイムパスワードの利用登録を行いました。(音声ガイダンスのしゃべりがゆっくりすぎ。。。)

 

再びインターネットバンキングにログイン

さて、これで再び限度額のページを見てみます。今度はネット決済サービス用の限度額が入力できるようになっていました。1回あたりと1日あたりの限度額の2か所に入力して登録しました。(片方しか入れなかったら入力エラーになった。)

 

再び大和証券

で、大和証券に戻り再度、入金の手続きを実施しました。リダイレクトされる三菱東京UFJの画面操作も問題なく完了。このとき8時くらいだったのですが、振り込みが反映されませんでした。10時くらいに確認したら振り込みが確認できていたので、営業時間にならないと振り込みが実施されないのでしょうね。

 

ということで、無事IPOの申し込みができました。当選するといいな。