田中ブログ

さいたまに住んでいるアラサーの男です。仕事はSESでプログラムを書いてることが多いです。聖地巡礼、日々の生活、たまに技術的なことを書いていこうと思います。

運転免許更新に行ってきました

先日、埼玉県の鴻巣にある運転免許センターに運転免許更新に行ってきましたので、数年後の更新に向けてメモ。埼玉に住み始めてからは初の免許更新です。

 

通知ハガキ

自分の場合、4月上旬にに埼玉県公安委員会から運転免許証の更新のハガキが届きました。ハガキによると更新ができる期間は2カ月期間ありました。誕生日の前後1カ月が更新ができる期間になる感じでしょうか?

ハガキには、講習時間や手数料、更新場所ごとの受付時間や当日持っていくものが書いてあり、これさえ見ていればばっちりという感じですね。

 

更新場所

更新場所は、運転免許センターと県内警察署でそれぞれ月曜日から金曜日、運転免許センターには日曜日も可能。受付時間は、どちらも午前8:30~11:00と午後13:00~15:30でした。運転免許センターは鴻巣駅からバス(15分に一本くらい出てた)を使うと楽。徒歩だと20分ちょっとかかります。バス乗り場は3番のりばで案内なども結構あったので特に迷わず見つけられます。

 

当日

いろいろな都合上、平日ではなく日曜日に更新に行くことにしたので、鴻巣の運転免許センターに行くことにしました。持ち物は、住所変更などの特別な変更は特に無いので、運転免許証、ハガキ、手数料だけです。

免許センターに入るとまず左奥の方に誘導されるので、そこでハガキ・免許証を出して受付を行います。すると、紙が2枚渡されるので、筆記スペースにて日付、名前などの情報の入力と、持病とかのチェックリストのチェックを行いました。

その後は、また誘導に従って手数料を支払うコーナーへ。自分の場合、2,500円でした。交通安全協会に入ってもらえますか?というやつは5年分だと1,500円になると言われ、うーんとなって断りました。余裕が無かったので。

そして、紙に印紙を貼ってもらい次のコーナーへ。この部分がちょっと混雑していたところで体感で10分くらい待った感じ。紙をチェックしてもらって視力検査へ。色弱の検査などは特になく、普通の視力検査だけでした。疲れ目でしたが普通にオッケーでした。検査の後は、紙をまたチェックしてもらって、写真撮影へ。これもすんなり終わりました。

後は、誘導に従って講習の部屋に案内されました。講習区分が優良だったので30分の講習を受けて、部屋を出るときに新しい運転免許証を受け取り終了。

 

感想

実は午前中に受付に行ったときに運転免許証を忘れたので、家に戻って午後にまた行きました。財布に入れっぱなしだろうという慢心により無駄な出費&時間を使ってしまいました。

ただ、免許更新は何事もなく終わり良かったです。