田中ブログ

さいたまに住んでいるアラサーの男です。仕事はSESでプログラムを書いてることが多いです。聖地巡礼、日々の生活、たまに技術的なことを書いていこうと思います。

Mockitoでインターフェースをモック化する

技術ネタ。
タイトルの通りMockito(PowerMockito)でインターフェースをモック化しようとしたときにハマったのでメモ。

以下のインターフェース、クラスを作成しているとします。
・インターフェース:Sample
 ⇒メソッドとしてdoSomething()を定義
・実装クラス:SampleImpl
 ⇒メソッドとしてdoSomething()を実装

そして実装は以下のようになっているとする。

Sample instance = new SampleImpl();
instance.doSomething()

上記をMockito(PowerMockito)でモック化します。
以下で期待したように動きました。

// newするときと同じ感じでmock側は実装クラス
Sample mock = Mockito.mock(SampleImpl.class);
Mockito.doAnswer(~)when(mock).doSomething();
// モックはキャストする
PowerMockito.whenNew(SampleImpl.class).withAnyArgments().thenReturn((SampleImpl)mock);

// あとは、instance.doSomething()をコールしてる処理を実行

以上