田中ブログ

さいたまに住んでいるアラサーの男です。仕事はSESでプログラムを書いてることが多いです。聖地巡礼、日々の生活、たまに技術的なことを書いていこうと思います。

デイキャンプ 奥多摩 氷川キャンプ場

今回は、奥多摩氷川キャンプ場に行ってきました。

奥多摩駅からちょっと歩くとキャンプ場があります。梅雨明けして、気温も30度を超えていており、まさにキャンプシーズンという感じでどんな雰囲気なのか非常に気になるところです。 

アクセス

新宿駅から、ホリデー快速おくたまに乗って行ってきました。途中の駅で車両が切り離されるので、奥多摩と別の方向に向かう行かないように乗る車両には注意が必要です。

ちなみに8時前の電車に乗って、座席はほぼほぼ埋まってる感じでした。

奥多摩駅

f:id:tanaka653:20180704221937j:plain

新宿駅から約1時間30分くらいで到着です。キャンプ場までは、駅を出て左手の方に進んで行きます。少し歩くとスーパーがある交差点にぶつかるので、橋が見える方向に進んでいく感じになります。(一応、キャンプ場への案内板みたいなのもありました)。道中の橋の下の河原でキャンプしている人もいましたが、あれはどこのキャンプ場なのだろうか、、、気になるところでした。

ちなみに道中のスーパーは個人経営のお店といった雰囲気で、肉やお菓子、お酒を含む飲み物など置いてありました。ただ、大きなスーパーのようにいろいろな食材が置いてある印象ではなかったですね。ザ・キャンプっていう食材以外は持っていけばよかったなと思いました。

氷川キャンプ場

入り口の下り坂を下っていくと受付があるのでそこで受付します。デイキャンプはフリーサイトで一人600円という安さ。

f:id:tanaka653:20180704222138j:plain

受付の左手の方に坂があるので、そこを降りていくとサイトの河原に着きます。(そこそこ急でした。)

9時30分くらい到着しましたが、すでに結構人がいました。グループや家族が多いのかなと思ったのですが、ソロで来ている人も結構いましたね。

▼この写真は人がまばらですが、写真を撮った場所辺はすでに人がいっぱいでした

f:id:tanaka653:20180704222330j:plain

川めっちゃ気持ちよさそう。

f:id:tanaka653:20180704222406j:plain

河原の上の方に設営している人が多かったのですが、地面的に設営しやすいし午後を回ると日陰ができてきて過ごしやすいといった感じなんでしょうね。

 

以下、個人的な感想

水場・・・フリーサイト付近にあり洗剤はないけどスポンジとかは置いてました。いい感じ。

トイレ・・・ばっちり

ゴミ捨て場・・・受付付近にありました。灰は、サイトの方の地面にまいて上から石をかぶせればOKとのことでそのように対応しました。

 

川があるのは雰囲気的にも良かったです!釣った魚を焼いている人もいてちょっと憧れたりしました。笑

秋くらいに人が少ない時期にまったりリベンジしようかな。。。